事業報告

(2016年度)

事業の概況

 2016年度の事業は、新規保証引受で無担保ローンは前年度を下回ったものの、有担保の引受は増加となりました。しかし、保証債務残高は、各金融機関の競争激化等により残高を減らし、期首より1,028,823千円減少し47,445,413千円となりました。代位弁済額は前年度より8,746千円減少し148,468千円となりました。求償権等の回収については、住宅の任意売却等により前年度より10,716千円上回る83,055千円回収することが出来ました。債務保証に係る延滞残高は、前年度より93,824千円多く205,319千円となり、延滞率は0.43%となり期首より0.20%悪化しました。
 一方、2016年度は債務保証損失引当金の算出基準の見直しを行い、新たに102,326千円繰入し債務保証損失引当金の額が430,491千円となりました。
 結果として、大幅に債務保証損失引当金に繰入したことにより、当期一般正味財産増減額は△56,412千円となりました。
 また、代弁能力係数は4.69となり、北陸労働金庫の優良保証機関先としての要件(代弁能力係数1以上)を満たしております。

1.重点課題の取組み

(1)北陸労働金庫との連携強化

北陸労働金庫の融資拡大に向けたキャンペーンに賛同し自動車ローン・リフォームローン及び教育ローンの特別保証料率を実施しました。また、富山県との提携融資制度である「離職者生活安定資金」「出産・子育て資金」において前年度に引き続き特別保証料率を実施しました。
勤労者が利用しやすい適切な「保証制度」との整備を進めるため、北陸労働金庫と2度の会議を開催し論議を進めてまいりました。
新たに「借換専用住宅ローン」・教育ローン「奨学金」借換資金・「生協組合員専用カードローン」の保証引受を開始しました。
北陸労働金庫富山県本部との会議を通じ、現状の課題・要望について協議を行いました。

(2)財務基盤の強化・健全化

債務保証損失引当金の算定基準の見直しを行い、大幅に債務保証損失引当金の繰入を行いました。
自治体に対し預託金要請を行い、昨年と同様の実績となりました。

(3)求償権等の回収の強化

月1回以上、土曜または日曜に督促を実施し、債務者の状況把握と回収に努めました。
「5単協求償権業務に係る情報交換会」を開催し、回収手続き・代弁者への対応及び具体的な回収方法について意見交換を行いました。
顧問弁護士を複数体制にし、過去の案件を見返し回収に努めました。

(4)関係団体との連携

北陸三県労(勤)信協で構成する「幹事会」・「連絡会」を通じ、共通課題の整備・北陸労働金庫からの要請事項への統一対応・債務保証基準書の整備及び経営改善に向けた手法の検討を行いました。
「北陸三県の労政・労(勤)信協連絡会議」を開催し、各労(勤)信協の事業概況・経営状況を報告し、合わせて勤労者の取巻く現状と信用保証における課題等についての理解と認識を深めてきました。

2.保証引受の状況

(1)新規保証

 新規保証は前年度より380,430千円減少し9,316,860千円となりました。また年度計画に対する達成率は95.32%となりました。

無担保ローン全体で前年度より431,290千円減少しました。個人消費が伸び悩む中にあってキャンペーン効果により主力商品の自動車ローンで9,610千円増加しましたが、フリーローンが235,680千円の減少となりました。
住宅ローンが創立15周年のキャンペーンの推進運動で、前年度より142,990千円の増加となりました。

(単位:件、千円)

  2015年度 2016年度 前年度比 2016年度
計画額 達成率
無担保ローン 件数 3,656 3,378 △278    
金額 7,393,040 6,961,750 △431,290 6,393,000 108.89%
有担保ローン 件数 178 166 △12    
金額 2,304,250 2,355,110 50,860 3,381,000 69.65%
合             計 件数 3,834 3,544 △290    
金額 9,697,290 9,316,860 △380,430 9,774,000 95.32%

(単位:件、千円)

商品名   2015年度 2016年度 前年度比
無担保 カードローン 件数 51 39 △12 76.47%
金額 12,300 11,700 △600 95.12%
自動車ローン 件数 1,853 1,803 △50 97.30%
金額 3,525,570 3,535,180 9,610 100.27%
教育ローン 件数 382 368 △14 96.33%
金額 1,244,230 1,224,170 △20,060 98.38%
フリーローン 件数 844 705 △139 83.53%
金額 1,424,840 1,189,160 △235,680 83.45%
その他 件数 526 463 △63 88.02%
金額 1,186,100 1,001,540 △184,560 84.43%
有担保 住宅ローン 件数 96 103 7 107.29%
金額 1,753,270 1,896,260 142,990 108.15%
その他 件数 82 63 △19 76.82%
金額 550,980 458,850 △92,130 83.27%

(2)保証債務残高

 保証債務残高は、前年度より1,028,823千円減少し47,445,413千円となりました。無担保ローンは前年度よりも344,241千円増加となりましたが、有担保ローンは前年度より1,373,064千円減少しました。また、年度計画に対する達成率は96.63%となりました。
 商品別では自動車ローンが502,533千円、教育ローンで137,473千円増加しているものの、住宅ローンが1,213,979千円、フリーローンが283,081千円と大きく減少しました。
 保証債務残高は2010年度より減少が続いています。

(単位:件、千円)

  2016年3月末 2017年3月末 期首比 2016年度
計画額 達成率
無担保ローン 件数 14,086 14,014 △72    
残高 19,974,718 20,318,960 344,241 20,477,719 99.22%
有担保ローン 件数 2,235 2,150 △85    
残高 28,499,518 27,126,453 △1,373,064 28,617,519 94.78%
合             計 件数 16,321 16,164 △157    
残高 48,474,237 47,445,413 △1,028,823 49,095,238 96.63%

(単位:件、千円)

商品名   2016年3月末 2017年3月末 期首比
無担保 カードローン 件数 365 339 △26 92.87%
残高 146,226 135,228 △10,998 92.47%
自動車ローン 件数 6,616 6,874 258 103.89%
残高 8,158,455 8,660,989 502,533 106.15%
教育ローン 件数 2,071 2,047 △24 98.84%
残高 4,664,956 4,802,430 137,473 102.94%
フリーローン 件数 2,819 2,634 △185 93.43%
残高 3,503,791 3,220,709 △283,081 91.92%
その他 件数 2,215 2,120 △95 95.71%
残高 3,501,288 3,499,602 △1,686 99.95%
有担保 住宅ローン 件数 2,125 2,063 △62 97.08%
残高 27,860,938 26,646,958 △1,213,979 95.64%
その他 件数 110 87 △23 79.09%
残高 638,580 479,495 △159,085 75.08%

(3)代位弁済

 代位弁済は、57件、148,468千円となりました。前年度より無担保ローンは、件数で2件・金額で7,820千円の減少となりました。有担保ローンは件数で2件増加したものの、金額では925千円の減少となりました。また、年度計画額に対し10,468千円多くなっています。事由別で、自己破産・民事再生・債務整理の法的処理が、件数割合で全体の59.64%を占め、昨年度と比較をすると19.29%増加しています。

(単位:件、千円)

  2015年度 2016年度 前年度比 2016年度
計画額
無担保ローン 件数 49 47 △2  
金額 56,394 48,573 △7,820  
有担保ローン 件数 8 10 2  
金額 100,820 99,894 △925  
合             計 件数 57 57 0  
金額 157,214 148,468 △8,746 138,000

(単位:件、千円)

  2015年度 2016年度 前年度比
  シェアー   シェアー
自己破産 件数 5 8.77% 2 3.50% △3
金額 41,021 26.09% 1,521 1.02% △39,500
民事再生 件数 12 21.05% 3 5.26% △9
金額 12,299 7.82% 5,287 3.56% △7,012
行方不明 件数 0 0.00% 1 1.75% 1
金額 0 0.00% 2,111 1.42% 2,111
多重債務 件数 4 7.01% 2 3.50% △2
金額 24,227 15.41% 2,106 1.41% △22,121
債務整理 件数 6 10.52% 29 50.87% 23
金額 4,302 2.73% 75,674 50.96% 71,372
退職失業 件数 14 24.56% 10 17.54% △4
金額 36,738 23.36% 22,690 15.28% △14,048
死      亡 件数 1 1.75% 3 5.26% 2
金額 212 0.13% 4,960 3.34% 4,748
そ の 他 件数 15 26.31% 7 12.28% △8
金額 38,412 24.43% 34,116 22.97% △4,296
合      計 件数 57 100.00% 57 100.00% 0
金額 157,214 100.00% 148,468 100.00% △8,746

(4)保証債務の延滞

 2ヵ月以上の延滞は、35件、205,319千円、延滞率で0.43%となりました。延滞率は期首から0.20ポイント悪化しました。特に有担保ローンの延滞残高が94,394千円から186,985千円と倍近くの92,591千円の増加となっています。また、年度計画額に対して、68,319千円多くなっています。

(単位:件、千円)

    2016年3月末 2017年3月末 期首比 2016年度
計画額
無担保ローン 件数 24 22 △2  
金額 17,100 18,334 1,233  
有担保ローン 件数 10 13 3  
金額 94,394 186,985 92,591  
合             計 件数 34 3 51  
金額 111,495 205,319 93,824 137,000
延  滞  率 0.23% 0.43% 0.20%

3.求償権の状況

(1)求償権等の回収

 求償権の回収は、74,130千円となり住宅の任意売買等により前年度を10,030千円上回りました。償却求償権・損害金の回収は合わせて8,924千円となり前年度を686千円上回りました。

(単位:千円)

  2015年度 2016年度 前年度比 2016年度
計画額 達成率
求    償    権    回    収    金 64,100 74,130 10,030 51,800 143.10%
償  却  求  償  権  回  収  金 1,155 4,359 3,204 1,000 435.90%
受      取      損      害      金 7,082 4,565 △2,517 7,200 63.40%
合                                  計 72,338 83,055 10,716 60,000 138.42%

(2)求償権残高

 求償権残高は前年度より27,478千円増加し568,127千円となりました。また、期中の償却額は46,859千円となり、前年度償却額より7,093千円減少しました。

(単位:千円)

  無担保ローン 有担保ローン 合計
期     首     残     高 225,005 315,643 540,648
期 中 代 位 弁 済 額 48,573 99,894 148,468
期   中   回   収   金 19,762 54,368 74,130
期   中   償   却   額 33,098 13,760 46,859
当     末     残     高 220,718 347,408 568,127

4.預託金の状況

 富山市を含め10市4町に対して、170,500千円を要請し満額の受入れになりました。

(単位:千円)

  2015年度 2016年度 前年度比 2016年度
計画額 計画比
富  山  県 150,000 0 0 0
各        市 158,100 158,100 0 158,100 100.00%
各        町 12,400 12,400 0 12,400 100.00%
合        計 320,500 170,500 0 170,500 100.00%
ページのトップへ戻る